頭を床に押し付けられ、地下3千メートル。どうにか意識を取り戻そうと、叫び、のた打ち回った。毛穴から吹き出る汗、流れる血は激しく脈を打つ。意識を取り戻し、きずいたときには、失禁しゲロまみれ、命だけは食い止めようと、後悔の涙を流した。
[PR]
by kumerich | 2005-11-03 00:08
<< 歴史は繰り返す 愛 >>